jojo

2009年04月06日

B型H系

ヤングジャンプ連載中の4コマまんがである。
作者さんりようこさんの絵が個人的にとても好きである。
さん・りょうこという名前だと信じてきたがどうやら、さんり・ようこという名前が正しようだ。
さんり ようこ


主要人物は
B型H系 山田
山田
主人公なのに依然名前不明。
太郎の可能性もある。
ツンデレであるという世間一般の意見があるが、単におくてなのでは?と思う。
小須田の童貞を奪うため常に画策中である。
かわいさピカイチ、付き合いたい女の子NO.1
B型H系 宮野
宮野ちん
めがねっこ、きょにゅう、おさななじみ
という三種の神器を持つ。
小須田家とすでに、親族づきあいをしている。
結婚したい女の子NO.1
B型H系 コスタ
小須田
山田と付き合っているのかいないのか分からず苦しむ少年。
宮野ちんの好意には全くきずかない。
人の記憶に残らない印象の薄さが最大の武器。



主な登場人物は、以上の三名である。
三人に共通することは、全ておくてな性格である。
したがって、自分の気持ちを相手にしっかりと伝えることができず、仲が進展していかない。
宮野ちんが積極的だったら⇒小須田ぐらい簡単にGETできる。
山田が積極的だったら⇒付き合ってもすぐ分かれそう。そもそも小須田を好きにならない?
小須田が積極的だったら⇒そんな君見たくない。



微妙な、3つ巴で話が展開していくが、一番の解決法は、宮野ちんに積極的になってもらうしかない。
それ以外だと、ストーリーにならないため


ということで私は人生の先輩として小須田君には、山田さんと付き合うより宮野さんと付き合うことをオススメする。
これは、小須田母とも同意見である。
やはり、恋愛は好かれたもの勝ちだよ。




物語の性質上山田と小須田が結ばれてしまうと、話が終了してしまうため、何とか結ばれないように無理やり話を展開させている感があり、最近では作者も苦しそうである。

↓結婚まで視野に考えるなら絶対こっちだ。

高校時代の淡い思い出を自慢したいなら↑

⇒F型ドジっ子眼鏡系”宮野ちん物語”
ラベル:宮野 山田
posted by ブロッケンの孫 at 01:31| ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。