jojo

2009年07月04日

キン肉マンU世

意外性のあるキャラデザイン
特徴的なキャラの笑い声


さぞキャラクターが立ってるんだろうな。
と思うとそうでもない。


キャラクターの性格は、
すべて作者”ゆでたまご”まかせ

ゆでたまごが優しい気持ちでマンガを描けば
「試合中にマスクに手をかけたことはない」
「試合中に相手を殺したことはない」

と超人たちは正義の心を語りだす。

また、ゆでたまごがイライラすれば、
主人公のキン肉マンでさえ(ほんとの主人公は万太郎)
目つき
指折り
と悪役レスラー真っ青の行動を取り始める。


「パゴ、パゴ」
としか言えなかったマンモスマンは

ゆでたまごの状態次第で
急に雄弁に話し出す。

またしゃべったかと思えば
その後何週もも
「バリッ、ボリッ」
「パオーン」
としかしゃべれなくなるのが哀れである。


なにがあっても
「ゆでだから」
で読者にも容認されているという
偉大なマンガである

posted by ブロッケンの孫 at 18:17| キン肉マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。