jojo

2009年10月22日

孔雀王週刊から月刊へ

ジャンプコミックスで全巻そろえたもの
一番最初はキン肉マン
でその次に揃えたのがこの孔雀王だった。

今、ヤングジャンプ連載中の孔雀王は
日本の昔の神
神道をメインにしたようなストーリー展開
敵と戦うときはスサノオの牙を使ったごり押しが主

第一部?の頃の孔雀王(マニアは無印と言うらしい)は
高野山を舞台にした
仏教がメイン
それにプラスして世界中の宗教や神様が入り乱れる内容
法術や独鈷杵(どっこしょ)など、剣や魔法とは違うリアリティーのある攻撃方法だった。
この当時は、そこらへんのガキが
「臨兵闘者皆陣裂在前」(リン・ビョウ・トウ・シャ・カイ・ジン・レツ・ザイ・ゼン)
なんて叫んでいる姿があった。

バトル物だけど、テーマが深くて
家族愛とか差別とかを深く考えさせてくれる名作だった。

実写映画ができるなど人気も抜群
いまだに、読み返してみている漫画の一つである。



それなのに
最近の孔雀王 曲神紀は、いまいち面白くなかった。
退魔聖伝の続編の割には、ずれが気になるし
あの、作者である荻野真が
日本の神のことを勉強してからまた連載します
といって10年以上も心待ちにしていた割にはちょっとがっくりであった。

二代目は物は、キン肉マンとかマキバオーとか結構当たってるのに(暁!!男塾は例外)
鉄鍋のジャンにしろこの孔雀王にしろ続き物ははやらないのであろうか…

この頃ではいつも一番後ろのページをじんどってるし、意味不明なバンド結成しちゃうし
そろそろか(ー。ー)フゥ
なんて心配していたら

今週号をもって月刊へ移動
まあ、打ち切りではなく少し安心しました。



↑見よこの当時の精悍な顔立ち
posted by ブロッケンの孫 at 20:24| 最近のジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。