jojo

2010年09月16日

B型H過ぎる系

B型H系
宮野「あの〜、最近の展開私にはちょっとわかんないかなって」
宮野エロ神「私にも、さっぱりさかんないわ〜」








その頃、主人公の山田さん

使用前
B型H系

使用後
B型H系
ラベル:宮野
posted by ブロッケンの孫 at 09:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

馬鹿者のすべて

連載が始まってしばらく経つが、全く先の展開が読めない馬鹿者のすべて



主人公の宇治田が学生時代にいじめられた敵役のをぶちのめすため、コンビニ店長という職も、婚約相手もすべてをなげうってボクシングに打ち込む。

「これは大分泥臭いスポーツ漫画が始まったな。」
なんて思っていたのもつかの間
これまで、宇治田がボクシングの練習したシーンなんて殆ど無い。
コンビニで仕事しているシーンの方が多いくらい・・・


大体、この主人公が倒そうとしている南というキャラが実にいい奴
好感度としては、主人公宇治田の30倍ぐらいの好青年だ。

宇治田は、学生時代に南にカツアゲされていた。
(南にしてみれば貰った)
そこで10年以上経った今になって、宇治田は南にあの時の金を返せと迫る。

馬鹿者のすべて

そしたら、この南さん
わざわざ知り合いからお金を借りてきてしっかりと返却
しかも利子を上乗せして渡してくれました。
優しそうなまなざしの南
対するは、返して貰って逆におどおどしている宇治田
どう見ても、左が善役、右が悪役である。


しかも南は昔の振る舞いはいざしらず
荒っぽいところはあるが、しっかりと宇治田のことを友人として扱っている。
この後も、宇治田が南に突っかかるたびに
ちゃんと宇治田に対して助け舟を出しているような印象さえ受ける。
普通だったら宇治田なんて無視しますよ。



いままで、主人公がずる賢くてにくったらしいなんてのはいたけど、主人公が粘着質のいいとこなしなんて聞いたことがない。
さらに、敵役はみんなから愛されるいい奴なんて漫画は馬鹿者のすべての他は考えられない。
それじゃふつう物語にならないもんね


最近なんて、宇治田の行動は、すべて南に対する妬みがもとになっているような気がする。
なんであいつはボクシング強いの?
おれだって練習してるのに(してたっけかな)コノヤロー
なんであいつは彼女がいるの?
オレは捨てたのにコノヤロー
なんであいつは、しっかりコンビニで働いているの?
オレなんて最近じゃ変人扱いだよコノヤロー

てこんな感じ。


でもこの宇治田の、なにをやっても裏目裏目に出てうまくいかない姿みていると、色々と自分に重ね合うところがあって目が話せないんだよね。
今は、いいところがない、かっこいい場面もない、只の社会不適合者になりつつある宇治田だけど、これからはドンドン挽回していってくれるはずだ・・・きっと
ほんとに先がよめない漫画だな


後記:
孤高の人
画像は、孤高の人のヒトコマ
「世の中で幸せな生活を追求するのがまっとうな人間の生き方です」
と言っておきながら
でも私は違います。
なんて続けそうな雰囲気のセリフ
何かを捨てて、生きる男の様ってやっぱかっこいい!
宇治田も、安定した収入も彼女もしてたんだから頑張りなさいよ!!


ラベル:ヤンジャン
posted by ブロッケンの孫 at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

カイチュー

回虫?
寄生虫のマンガ


ではなく
皆中(カイチュー)
の弓道マンガ

学園ものらしい始まり方だけど
しょっぱなから主人公とヒロインが
キスまで済ましてしまってます。


しかし、女の子が
主人公の求める男(であろう)の先輩
というオチは誰しも分かったことだろう。


Aカップ美少女果たして人気は出るのか?


◇追記◇
結構好きだったのに
いつの間にか、ネット連載に移行
PCでマンガ見るのめくさいし、忘れちゃうんだよな…
ラベル:カイチュー 弓道
posted by ブロッケンの孫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ライアーゲーム

ドラマ化もした人気ギャンブルマンガ


作者の甲斐谷 忍は、少年ジャンプで
翠山ポリスギャング
を描いていたときは、のほほん人情マンガ風だったが
ライアーゲーム
あと
ONE OUTS
に至っては、ピリピリギャンブルマンガ調

ライアーゲームはヒロインの神崎直がいなかったら、ずいぶんと殺伐としたマンガである

同じギャンブルマンガのカイジとかに比べると対戦種目が難しいので、単行本を買ってみたほうが楽しめそう。

ジャンケン、くじ引きレベルに簡単になれとは思わないが、もうちょっとシンプルな勝負をやってほしいと、立ち読み派としては願う。

⇒LIAR GAME【ライアーゲーム】( 1〜8巻 続巻)



このマンガもかなりあつい
主人公が悪役しかも、剛速球をなげないという野球漫画

>ONE OUTS
posted by ブロッケンの孫 at 17:48| ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

犬のジュース屋さんZ

とてもほのぼのとしていて心温まるマンガ

に見えてしまう”犬のジュース屋さん”
であるが
実際は、かなりシュールなストーリーが展開されている。

主人公の犬さん



最近は、恋人のエテファニーから帽子を送られ

尤(読めない)さんになったようだ


犬さんの親友といえば
ドラえもんでいえばのびた役に当たるであろう
立体クン

犬さんとは、
・戦争はなぜなくらないのか?
・尊厳死について

など、一日かけても答えが出ないような
難しい議題を話している。

ちなみに、立体クンは
オレオレ詐欺
常習犯である。


その他、
悪の総帥 クマ
世界中の悪の親玉であるが、いつもは犬さんと粉ジュース販売の競争をしている。

エテファニー
バナナがなくなると発狂する。
ヒロインだが寝相は悪い。
犬さんが世の中で、53番目ぐらいに好き。


壮大な世界観と人物設定
世の中を考える上での勉強として
一読することをお勧めする。







↓シベリヤ(お菓子)をかけて血みどろの戦いが繰り広げられる。

posted by ブロッケンの孫 at 19:07| ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

カジテツ王子

本格ニートマンガ”カジテツ王子”
ニートである主人公浅野 辰也が、久しぶりにバイトの面接に行く。
最近は、お色気に走っていた感があったが、今回の居酒屋バイト編は、現実味があってよい。
バイト初日の緊張の描写などギャグにはなっているが、ありえねーといった不条理なギャグではなく、もしかしたらそんな人もいるかもと思わせるようなリアリティあるギャグである。



ニート

焦る

電気のひもでボクシング
こういった現実のやるせない感じを出したギャグに関しては最強である。


あまりにありえない内容は、カジテツ王子の本領ではない。

カジテツ王子を真に楽しむためにはどうするか?





それはニートになることです
やはり、主人公辰也と同じ境遇になると、面白さは抜群である。
もし、仕事を持ている人はこの漫画を読む前に退社してきて下さい。


マンガのために、仕事やめたっていいじゃないか。




ラベル:カジテツ王子
posted by ブロッケンの孫 at 18:20| ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

ハチワンダイバー

ダイブ!
(大分)面白い漫画である。

ヒロインの、もちもちプリンな女の子には、好き嫌いはありそうだが、物語のもつ独特の迫力には圧倒される。

もう終わってしまったがテレビドラマ化までされて、京本政樹演じる斬野シトはかなりはまっていたと思う。

ドラマ化にあわせてなのかは分からないが、将棋ニュースプラスの企画として、ハチワンダイバーが実写化された。
実写だが要所要所で漫画の画像がカットインするという、原作好きには嬉しい趣向。
キャストは、実際のプロ棋士から将棋覚えたてのアイドル(希望)の方たち。

「なかなかこれだけの演技はできない」

と思わせる熱演っぷりである・・・・・



もうこれを、見るには我々もダイブするしかない。
例え先にダイブしなくても、見ているうちに勝手にダイブしちゃうとは思いますけど。


見ながらにして、主人公菅田の
「ダイブ!」
を味わえるというすばらしい実写化映像である。



▼アイラブ将棋なハチワンダイバー実写▼



今週号の、ヤングジャンプでは、文字山先生が、
「中世のファンタジー」
などと叫びながら、ガンダムの”ギャン”になっていた。
今後どう展開していくのであろうか?

アイラブ将棋な人     アイラブ喧嘩なひと
posted by ブロッケンの孫 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

B型H系

ヤングジャンプ連載中の4コマまんがである。
作者さんりようこさんの絵が個人的にとても好きである。
さん・りょうこという名前だと信じてきたがどうやら、さんり・ようこという名前が正しようだ。
さんり ようこ


主要人物は
B型H系 山田
山田
主人公なのに依然名前不明。
太郎の可能性もある。
ツンデレであるという世間一般の意見があるが、単におくてなのでは?と思う。
小須田の童貞を奪うため常に画策中である。
かわいさピカイチ、付き合いたい女の子NO.1
B型H系 宮野
宮野ちん
めがねっこ、きょにゅう、おさななじみ
という三種の神器を持つ。
小須田家とすでに、親族づきあいをしている。
結婚したい女の子NO.1
B型H系 コスタ
小須田
山田と付き合っているのかいないのか分からず苦しむ少年。
宮野ちんの好意には全くきずかない。
人の記憶に残らない印象の薄さが最大の武器。



主な登場人物は、以上の三名である。
三人に共通することは、全ておくてな性格である。
したがって、自分の気持ちを相手にしっかりと伝えることができず、仲が進展していかない。
宮野ちんが積極的だったら⇒小須田ぐらい簡単にGETできる。
山田が積極的だったら⇒付き合ってもすぐ分かれそう。そもそも小須田を好きにならない?
小須田が積極的だったら⇒そんな君見たくない。



微妙な、3つ巴で話が展開していくが、一番の解決法は、宮野ちんに積極的になってもらうしかない。
それ以外だと、ストーリーにならないため


ということで私は人生の先輩として小須田君には、山田さんと付き合うより宮野さんと付き合うことをオススメする。
これは、小須田母とも同意見である。
やはり、恋愛は好かれたもの勝ちだよ。




物語の性質上山田と小須田が結ばれてしまうと、話が終了してしまうため、何とか結ばれないように無理やり話を展開させている感があり、最近では作者も苦しそうである。

↓結婚まで視野に考えるなら絶対こっちだ。

高校時代の淡い思い出を自慢したいなら↑

⇒F型ドジっ子眼鏡系”宮野ちん物語”
ラベル:宮野 山田
posted by ブロッケンの孫 at 01:31| ヤングジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。